千葉での葬儀費用を抑えるためには3つのポイントがあります。

葬儀費用をどのようにしたら抑えられるか、まともにやれば総費用200万円近くかかる葬儀を、100万円ちょっとで可能にするポイントが3つあります。

千葉の実家で実際に行なった例をご紹介しておきましょう。

◆ポイント1 葬儀を家族葬同然にして会葬者を絞り込む。

千葉の実家で葬儀を行うとなったとき、お恥ずかしいことですが葬儀費用が捻出できず困っていました。

そこで故人の交友関係者など会葬者を思い切って絞り込み、家族葬同然のスタイルと規模にしました。

そうすることで祭壇の飾りつけなどもシンプルにでき、当初の見積もりよりもグッと圧縮できました。

家族葬並みでも、双方に気軽さができてたいへん好評でした。

◆ポイント2 千葉の互助会に入会して家族利用の特典を受ける。

千葉の実家では、千葉県下を対象とする冠婚葬祭の互助会があることを知り、当日に連絡をして翌日には打ち合わせ(契約のための説明)に来てもらいました。

一家で入会すると故人だけではなく、家族全員がその互助会の割引特典を使え、葬儀や結婚式、披露宴にも格安で施設が使える仕組みです。

月々わずかな積立金をすることで、契約当日から割引特典が利用できました。

◆香典は受け取らない。

香典返しはしない。

これも重要な3つめのポイントです。

香典は受け取らない、その代わりに香典返しもしないということにしました。

千葉県互助会のその担当者の話によれば、そのような形式をとる葬儀が最近ではとくに増えているようです。

この3つのポイントで葬儀費用の総額は120万円台で収まりました。