千葉での葬儀費用にはなぜ格差があるのでしょう。

葬儀費用の格差は度々話題になりますが、千葉を拠点とする葬儀屋さんを調べても、表示されている価格には大きな差があります。

その違いはどこにあるのか、3点をピックアップしてみました。

◆違いが生まれる理由1 そもそも利用者の条件出しの明確さに違いがある?

葬儀費用の格差を論じるときは業者だけではなく、利用者の側にも違いがあることを知っておくべきです。

お金にうるさい千葉の実家の葬儀では、家族の中でもっともシビアな人間が地元千葉で格安と評判の葬儀社を呼び、最初から予算の幅と上限を決め、それで葬儀の設営内容や規模を決定していました。

「追加料金は一切なし、あっても葬儀社の責任」としていたので、予算内にきっちり収まりました。

◆違いが生まれる理由2 会葬者の数を余分に見て見積もりを依頼する?

あの人も来てくれるだろう、あの人も会葬者に加えておかないとなど、人数を多めに見積もってしまえば、斎場の規模だけではなくすべてがビッグサイズになります。

その結果、2割程度の無駄はそこで生じていると思います。

葬儀は少し小さめでもちょうどいい感じに収まります。

考え直しておきましょう。

◆違いが生まれる理由3 葬儀社の選定そのものに誤りがあることも否めません。

葬儀の必要性は急にやってきます。

動転して急ぐあまり、すすめられるまま手近な葬儀社でというパターンも多くあります。

千葉の実家では口コミの評判やご近所の利用者の評価などを聞き、複数の葬儀社からアイミツを取りました。

一呼吸置いた余裕のある選択も必要です。